押しも押されもせぬ仮想通貨の世界の王として君臨し続ける存在、それがビットコインです。

ビットコイン(bitcoin)は、仮想通貨について知らない人であってもビットコイン(bitcoin)という名前ぐらいは聞いたことがあるというほどのその知名度や、買い物に利用できるといった実用性などの面で、他の仮想通貨を全く寄せ付けないほどの圧倒的な力を持っています。

ここでは、ビットコイン(bitcoin)について、その概要や特徴、評判などを見ていきたいと思います。

ビットコイン(bitcoin)の概要

ビットコイン(bitcoin)は、2009年に誕生した極めて古く、歴史のある仮想通貨です。

そのため、世界で初めての仮想通貨の利用も、アメリカにおいてピザの購入に使われたビットコインであるとされています。

電子マネーのように決済に使われる存在ながら、その取引を記録し続けるブロックチェーン技術などこれまでにはなかった新機軸を盛り込んで作られたビットコインは、徐々に注目を集めるようになり、その後に誕生したほとんどの仮想通貨のシステムの原型となりました。

ビットコイン(bitcoin)の特徴

ビットコイン(bitcoin)の特徴は、やはり圧倒的な知名度からくる用途の多彩さです。仮想通貨は投資材料としてこそもてはやされているものの、その実用性は今のところそれほど高くありません。

けれどもビットコイン(bitcoin)だけは別格で、ビットコイン(bitcoin)を使って買い物ができるオンラインショッピングサイトやビットコイン(bitcoin)での支払いが可能なオンラインサービスなどがすでに数多くあり、一部の家電量販店やデパートのようにビットコイン(bitcoin)での決済ができる実店舗も増え始めています。

日常生活において仮想通貨を使うという未来のような感覚を楽しみたいなら、まず間違いなくビットコインが最適でしょう。

その利用者の多さによる比較的安定した値段も、ビットコイン(bitcoin)の大きな特徴です。大量保有者も少なくないため数割程度の値動きをすることが未だにあるとはいえ、ビットコイン(bitcoin)の値段は他の仮想通貨と比べれば極めて安定しています。

そのため、大きなリターンは望まないのでリスクも小さくしたいというような人々からの人気を集めており、仮想通貨の投資の場において最も取引量の多い存在です。

ビットコイン(bitcoin)のまとめ

ここまで、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の概要や特徴、評判について見てきました。

ビットコイン(bitcoin)は圧倒的なシェアを誇っており、今後数年から十数年にわたってその人気が続くこともまた間違いありません。

そのためビットコイン(bitcoin)について知っておくことは、得こそあれ損をするような可能性はないでしょう。ぜひここで書いたことを、ビットコイン(bitcoin)という仮想通貨の理解にいかしていただければと思います。

ロゴビットコイン(bitcoin)のロゴ

画像の引用元: https://en.bitcoin.it/wiki/Promotional_graphics

時価総額約10兆430億円(2019年4月時点)
発行枚数約1760万枚(2019年4月時点)
発行枚数上限2100万枚
公式サイトhttps://bitcoin.org/ja/
取扱取引所全ての取引所
国内仮想通貨取引所の一覧
海外仮想通貨取引所の一覧

ビットコイン(bitcoin)の評判

そんなビットコイン(bitcoin)ですが、しかしながら仮想通貨に詳しい人からはあまり評価をされない存在となってしまっています。いったいなぜなのでしょうか。

答えは、その古さにあります。仮想通貨の黎明期に生まれた存在として、他の仮想通貨の先駆けとなるような素晴らしい働きをしてきたビットコイン(bitcoin)、けれどもその設計があまりにも古く今の時代に合っていないのもまた事実なのです。

ビットコイン(bitcoin)は、発行上限が間近で安定した運用が難しい、取引処理能力が低く世界中での需要を賄いきれないといった重大な問題を抱えています。そして、ビットコイン(bitcoin)には開発者、運営者がいないため、それらの欠点を修理する、改善するようなこともできないのです。

ビットコイン(bitcoin)の強みを受け継ぎつつ、問題点を解消した仮想通貨としては、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ビットコインゴールドなどが生み出されています。

そのためビットコイン(bitcoin)自体は、今すぐというわけではなく、数十年単位の長いスパンの中で徐々に需要を小さくし、他の仮想通貨に道を譲っていくことになるでしょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

クリプトライフ
平均評価:  
 0 件の口コミ・評判

ビットコイン(bitcoin)の今後の将来性

2020年7月のビットコインの価格予想

価格の変動がとても激しいビットコイン。
ビットコインに限って言えば世界からかなり注目を集めてきていると思っております。
そのビットコインの2020年7月の価格予想をしてみました。
まず先に予測価格を書くと日本円で250万〜300万辺りであると思っております。

今現在の価格が113万、予測価格としては今現在の価格の2倍弱程度となっております。

ビットコインがこれから何が起こるかなどを見ていくと、2020年7月24日から8月9日に東京オリンピックがあります。
この東京オリンピックで暗号資産での決済ができるのではないかなと思っております。
その為には色々と税制などを考える必要はありますが、取引所であるディーカレットは暗号資産を電子マネーに変えることは可能になっております。
そして国が推し進めるキャッシュレスの普及を考えるとまずまずな可能性はあるなと感じております。
ビットコインなどの暗号資産での決済が可能になるなら、通貨として使うことが可能ということになります。

他にも世界情勢の悪化により、特に今現在新興国などの通貨が弱くなってきております。
最近ではアルゼンチンのペソなど、デフォルトが起こるかもしれない国ではビットコインなどが買われております。
そういった国ではビットコインの値段にプレミアムがついており、プレミアムが付いていても欲しいと思う人が多いということです。
デモで荒れる香港も同じくビットコインにプレミアムが付いてきております。
これからいろいろな国でこういった事が起こっていくのではないかなと思っております。

またアルゼンチンでは外貨取引規制を再導入により、企業はドルの購入を制限、為替市場で外貨を購入しても送金するには、中央銀行の承認が必要になるなど制限がかかっております。
そういったことを考えても、ビットコインというものはとても面白い仕組みであり、資金の退避先として選ばれているように思っております。
他の通貨に比べてビットコインだけ突出して値段が上昇しております。

そしてデフォルトが起こるかもしれない国を近隣で考えると韓国でしょうか。
米韓関係、日米関係さらには韓国企業であるサムスン含めかなり厳しい状態になってきてると思います。

こういった国際的な事情もそうですが、もう一つ価格が上がると思われる事柄の一つに
2020年にビットコインの半減期がやってきます。
今現状ですが2020年5月16日が予測されています。
半減期がやってきた場合、ビットコインのマイニング報酬が半減してしまいます。
当然マイニングにかかるコストと報酬が見合わなくなります。
これらを含め考えるとこれからビットコインの需要は増しますが、マイニング報酬の半減で供給が落ち、結果として値段が上昇すると思っております。
マイニング報酬してすぐに価格上昇は見られないと思っていますので、7月辺りでは2倍程度ではないかと思っております。

ビットコイン(bitcoin)の関連記事

関連カテゴリ

[child_pages siblings=”true” cols=”1″ class=”my_child_pages” hide_more=”true” link_titles=”true” words=”45″]