ウォレット

一般的なお金は、銀行に預けたり、財布に入れておいたり、金庫に貯金したりと様々な保管方法があります。では、仮想通貨はどうでしょうか。

多くの人がまず思い浮かぶのが仮想通貨取引所の口座に置いておくというものかと考えられますが、これは売りたいときにすぐに売ることができるため取引には便利なものの、長い期間や大きな金額の保管には少々不安が残ります。

でも大丈夫、仮想通貨にも普通の通貨のように、それを預けておけるものは取引所の口座以外にもあるのです。ここではそんな仮想通貨を保管する手段である、ビットコインをはじめとする仮想通貨のウォレットについて簡単に説明していきたいと思います。

仮想通貨のウォレットとは

ウォレットとはずばり財布の意味を持つ単語ですが、データだけのお金で実体を持たない仮想通貨に皮や布でできた財布は何の意味もありません。

なので仮想通貨のウォレットは、データを保存できるような電子機器、あるいはパソコンやスマートフォン上で動作するアプリケーションなどとなっています。

仮想通貨はデータであるため、中にはデータをそのままパソコンやUSBメモリなどの中に入れられるのではないかと考えた人もいるかもしれませんが、残念ながらそういったことは不可能です。

そのため、仮想通貨のウォレットとして使えるものは、必ずそれ専用に作られた装置やアプリのみとなります。

ウォレットの種類

仮想通貨ウォレットの種類を、ここではその特徴と共に紹介しましょう。

まず、安全性の高さから人気なのがハードウォレットと呼ばれる仮想通貨ウォレットです。

これは、USBメモリやSDカードのような外見をしており、パソコンなどに接続しインターネットを通して仮想通貨取引所の口座と繋げることで、仮想通貨をそこから保管する、そこへ移動するといったやり取りをすることができます。

ハードウォレットをパソコンから取り外せば、仮想通貨をインターネットに接続されていない、オフライン環境で保管することができるため、ウイルスやハッキングを受けることがなく高い安全性を誇るのが特徴です。

インターネットショッピングサイトや大きな家電量販店などで購入することができます。

一方でその便利さから人気なのが、デスクトップウォレットやモバイルウォレットと呼ばれる存在です。

これは形を持たないアプリケーションで、ダウンロードした後パソコンやスマートフォンにインストールして利用します。

そのため無料で利用できるものも多く、アプリとして入金や送金をワンタッチで処理できるため取引所との仮想通貨のやり取りも簡単です。

しかし、パソコンやスマートフォンと一体化しているような形であるためウイルスなどの被害を受ける危険があるという問題があります。

上で挙げた二つのどちらでもないものが、ウェブウォレットと呼ばれる存在です。

これは仮想通貨取引所の口座に近く、アカウントを作ってそこへ自分の仮想通貨を入れ、保管してもらうというタイプのウォレットになっています。

自分ではなく他人に管理を任せることになるため、信頼性などの面で注意が必要な他、仮想通貨取引所の口座に置いておくのとあまり変わりがないため、それほど人気はありません。

ウォレットのまとめ

ここまで、ビットコインをはじめとする仮想通貨のウォレットについて、その基本的な内容を書いてきました。数万円程度なら仮想通貨取引所の口座に置きっぱなしにしておいてもそれほど問題はありませんが、数十万、数百万円分の仮想通貨を盗難の危険などがつきまとう取引所に置いておくのは少々不安が残ります。

皆さんも自分の投資額や投資スタイルなどに応じ、仮想通貨ウォレットの利用を検討してみてはいかがでしょうか。