一般的に企業などが思い切った判断をすると、良くも悪くも様々な場所でニュースとして取り上げられることになります。

クラウドマイニングの世界でもそれは同じで、他とは異なる大胆な決定によって大きな話題となったサービスがあるのです。

今回はそんなクラウドマイニングサービス、ハッシュフレアについて、その特徴や利用方法を見ていきたいと思います。

ハッシュフレア(hashflare)の特徴

ハッシュフレア(hashflare)については何よりもまず仮想通貨の世界でニュースにもなった、ビットコインのマイニングができないという点です。

ビットコインのマイニングは競争相手が多いためその難易度が高いものの、利益はそれに見合うほど大きくないとして、ハッシュフレア(hashflare)はビットコインマイニングサービスの停止を発表、アルトコインに注力すると宣言したのです。いくら稼げないとはいえ、仮想通貨の中で押しも押されもしないナンバーワンの存在であるビットコイン、知名度も当然高いそれを扱わないとの発表により、様々な場所から驚きの声が上がることとなりました。

なにしろこの決定により、ビットコインのクラウドマイニング目当てでこれまで利用していた、あるいは新規に獲得できたはずの顧客をすべて失うことになるからです。

しかしながらビットコインのマイニング難度が上がるとともにその報酬は減ってしまっていたのもまた事実であり、稼げるマイニングを利用者に提供するというクラウドマイニングサービスの運営方針としてはあながち間違っていない選択とも捉えられるかもしれません。

そのためハッシュフレア(hashflare)を利用する場合は、ビットコイン以外の仮想通貨銘柄でのマイニングを選ぶこととなります。

ハッシュフレア(hashflare)の本来の特徴としてはビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ダッシュコイン(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)とマイニングをする銘柄を選べる点のサービスと比べた利回りの高さが挙げられます。銘柄やプランによっても違うため一概には言えないものの、ハッシュフレアのクラウドマイニングは全体的に投資した額に対するリターンが大きく設定されており、他のサービスと比べ稼ぎやすくなっています。

仮想通貨のクラウドマイニングサービスは決して少なくありませんが、その中でもジェネシスマイニング(Genesis Mining)とこのハッシュフレア(hashflare)が人気を二分しているのは高い稼ぎが期待できるという点あってのことでしょう。

ハッシュフレア(hashflare)の利用方法

ハッシュフレア(hashflare)の日本語化はサイト全てとは言えず、一部英語のままの部分もありますが、登録作業は日本語で行うことができます。

メールアドレスとパスワードを設定すればサービスへの登録は完了、仮想通貨の銘柄とマイニングする能力を表すハッシュレートを選択することで利用を始めることが可能です。

サービスへの入金は、仮想通貨のビットコインやクレジットカードのほか、電子送金サービスのPayeerなども使うことができますが、日本ではあまり馴染みがないため基本的に仮想通貨を送金するかクレジットカードを登録して決済する形での利用になると考えてよいでしょう。

ハッシュレート分の額を支払うとマイニングが開始され、月ごとに配当を受け取ることができるようになります。

その際配当は仮想通貨の運営方針によって変化するため、いくら貰えているか、増えているのか減っているのかといったことには注意が必要です。

ハッシュフレア(hashflare)のまとめ

ここまで、仮想通貨のクラウドマイニングサービスであるハッシュフレアについて、その特徴や利用方法を見てきました。

ビットコインのマイニングができないとは一風変わったサービスですが、もちろんビットコインのマイニングはその知名度などから単に有名なだけで、それ以外のマイニングが稼げないというような事実は全くありません。クラウドマイニングで高い利回り、配当を狙いたい。

そんな人にはお勧めのクラウドマイニングサービス、それがハッシュフレア(hashflare)です。

ハッシュフレア(hashflare)
ハッシュレートの購入ビットコイン、クレジットカード、電子送金サービスのPayeer
日本語対応
契約期間1年契約
取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ダッシュコイン(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC

スコットランド
ハッシュフレア(hashflare)の公式ホームページへ