ダービーと聞くと競馬を思い浮かべる方も多いと思いますが、今回紹介するetherderbies(イーサダービー)もまさにその名前の通り、仮想通貨と競馬を組み合わせたゲームアプリです。

ここでは、etherderbies(イーサダービー)がどんなゲームなのか、どうやって遊ぶのかといった内容について書いていきたいと思います。

etherderbies(イーサダービー)とは

etherderbies(イーサダービー)は、201810月にその試用版、テスト版ともいえるベータ版が公開されたばかりの極めて新しい仮想通貨ゲームです。

ゲームとしては、ガチャにより馬を手に入れ、それを育成・交配して強化、レースに参加して賞金を得るとともに、その馬の売買もできるという競走馬育成ゲームのような内容の作品となっています。

競走については他の馬と競走を行う事によって、にんじん(CRT)や成長値を手に入れ強化する事ができます。

育成については、にんじん(CRT)を使って、レベルをあげることによって馬が強くなります。

また、様々な外見を持つ種類の馬を集めるというコレクション要素もゲーム内には存在します。

一般的な競走馬育成ゲームと違う特徴としては、やはり仮想通貨のブロックチェーンを利用しているという点からくるゲームの公平さ、記録の正確さが挙げられるでしょう。

馬の育成期録や勝敗は全て仮想通貨のブロックチェーン上に記録されていくため、それらが失われることは決してなく、また記録の改ざんなども行えません。

弱い馬が強い馬に勝つようなズル、チート行為もブロックチェーンのセキュリティの高さが防いでくれます。

それとは別に、ブラウザで楽しむタイプのゲームであるため、3Dモデルによる迫力のある競馬の様子を観戦するといった要素はないものの、その分スマートフォンなどでも気軽に楽しめるというのも『etherderbies』の特徴です。

etherderbies(イーサダービー)の遊び方

etherderbies(イーサダービー)自体の遊び方はとても簡単で、その公式サイトへアクセスし、メールアドレスとパスワードを登録するだけでプレイを開始できます。表記は全て日本語なので、特に迷ってしまう、困ってしまうような部分もありません。

しかしながら、仮想通貨ゲームに共通する問題として、ゲームと自分の仮想通貨ウォレットとをつなぐツールの準備が必要になるというものがあります。

多くの場合メタマスクと呼ばれるツールが用いられており、それも全て日本語で登録からインストールまでの作業が行え、難しい部分はないのですが、少し時間がかかるのも事実です。

ただ一度登録をしてしまえばあらゆる仮想通貨ゲームをとても簡単にプレイできるようになるため、登録を済ませてしまうのも良いかもしれません。

それらの準備が済んだら自分の仮想通貨をゲームへ送金、というのが普通の仮想通貨ゲームの一般的な手順ですが、etherderbies(イーサダービー)では無料で馬を手に入れ、ゲームをプレイすることができてしまうという少々珍しい特徴を持っています。

そのためまずは試しに無課金でゲームをはじめ、気に入ったら課金をするというようなスタイルも選べるのがうれしいポイントです。

ゲーム内通貨も無料で手に入る機会が用意されているため、すぐに強い馬を育成してレースに勝ちたいなら課金、ゆっくり馬を育てる過程を楽しみたいなら無課金、というようなプレイヤーのすみ分けも用意されていると言えます。

まとめ

ここまで、つい最近ベータ版が公開されたばかりの最新ゲームであるetherderbies(イーサダービー)について書いてきました。試用期間ということで、ゲーム内には一部にうまく操作ができない、動作が遅いといった問題点が残っているのも事実です。

しかしながら既にほとんどの部分は完成しておりプレイを楽しむことができるため、競走馬を育成するようなゲームに興味がある方は、ぜひゲームを始めてみてはいかがでしょうか。

現在は正式リリース前であるためプレイヤーも少なく、今始めておくことで正式版が配信されてからゲームを始める人に対し、馬の強さなどの部分で差をつけ、リードするようなこともできるかもしれません。

2018/11/26:追記

サービスが終了したみたいです。

サービス中止の理由としては

再度、市場環境の確認及びマネタイズ戦略の再考などを致しました結果、弊社はゲーム事業を一旦中止し、他事業に注力する方針を決定いたしました。とのことです。

etherderbies(イーサダービー)公式ブログにて掲載

関連カテゴリ

[child_pages siblings=”true” cols=”1″ class=”my_child_pages” hide_more=”true” link_titles=”true” words=”45″]