据え置きゲームから携帯ゲーム、果てはPCゲームまで、現在世界中には数え切れないほどのゲームがあり、多くの人がその中の自分の好きなジャンルの作品だけを選んだとしても遊びきれないほどの数が日々供給され続けています。

そんな中で新しいジャンルとして最近生まれた仮想通貨のプラットフォームを使ったゲームは、激しい競争にもかかわらず、これまでにない仮想通貨の技術によるゲームの公平性や拡張性、利便性の高さなどの魅力から既に一定の地位を築き、多くの利用者を獲得するまでに至りました。

今回はつい最近プレスリリースが行われたばかりの日本発、新作仮想通貨ゲーム、コントラクトサーヴァント(Contract Servant)について、その概要や特徴、遊び方を見ていきたいと思います。

コントラクトサーヴァント(Contract Servant)の概要

コントラクトサーヴァント(Contract Servant)は、日本企業であり東京都中野区に本社を持つアクセルマーク株式会社が開発した、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン上で動作するスマートフォン・PC向けのカードゲームです。2019年の1216日にプレスリリースが、1218日にプレセールが開始されたばかりの新作となっています。

プレイヤーはゲーム内でサーヴァントと呼ばれるカードのキャラクターを集め、それを組み合わせてデッキを構築、バトルに臨みます。また、カードを組み合わせることで新しいサーヴァントを生み出すこともでき、それを、マーケットを通して売ったり、逆に他のプレイヤーのカードを買ったりとサーヴァントの売買も可能です。

コントラクトサーヴァント(Contract Servant)の特徴

コントラクトサーヴァント(Contract Servant)の特徴は、第一にその美しいカードのデザインにあります。並のスマートフォン向けカードゲーム顔負けの、非常に精緻で美しい絵柄は、まだ公開されたばかりのゲームにこんなに力が入れられているのかと見れば誰もが驚くことでしょう。

さらにコントラクトサーヴァント(Contract Servant)は日本の会社が開発したゲームということもあり、海外の洋ゲーお馴染みのややケバケバしい、癖のある絵ではなく、日本人でもなじみやすい優しいタッチの綺麗・可愛い・格好良いといったキャラクターデザインになっているのも魅力です。

その独特のゲーム性も、コントラクトサーヴァント(Contract Servant)の特徴となっています。単にカードのレアリティや強さで殴り合うのではなく、1兆通り以上と公式で明言されているカードのデッキ構成とそのカードをマップ上のどこに配置するかというチェスやボードゲームのような要素も加わったバトルはプレイヤースキルが試され、非常に奥の深くスリリングなものとなるでしょう。カードごとのスキルやジョブ、アビリティのようなパラメーターも多数あるため、勝つための戦略は延々と生み出され固定されることがないはずです。

つい最近公開されたばかりであり、今後のさらなる拡張、展開に期待ができるのもコントラクトサーヴァント(Contract Servant)の魅力です。コントラクトサーヴァント(Contract Servant)のアプリストアではイーサリアムの取引量が公開されていますが、リリース直後の数日だと実に一日辺り数百イーサリアム、一か月程度が経ちやや落ち着いた今も数十イーサリアムと、安定したゲーム内での仮想通貨取引量を維持しています。これはゲームの出だしが好調であり、運営者が今後のゲーム開発に必要や収益を得ることができているため、今後にも十分期待できると考えられるはずです。

コントラクトサーヴァント(Contract Servant)の遊び方

コントラクトサーヴァント(Contract Servant)は、公式サイトへアクセスし、PCとスマートフォンどちらで遊ぶか、どのブラウザ、アプリストアを使うかを選ぶだけで誰でも無料で始めることが可能となっています。また、仮想通貨ゲームの世界ではお染みのゲームと連携させられる仮想通貨ウォレットアプリ、メタマスクのインストールも必要になりますが、こちらも公式サイトから簡単に行うことが可能です。

なお、ゲームでの買い物には仮想通貨イーサリアムを用いるため、長く遊びたいと感じたならイーサリアムを販売している仮想通貨取引所への登録も忘れずに行ってください。

デッキを構築してプレイするカードゲームということで当然カードが必要になりますが、ゲーム開始直後に手に入るサーヴァントや、プレセールでのカードの低価格販売などを利用することで手軽に自分のデッキを組むことができるはずです。

ゲームにある程度慣れてきたら、自分の好きな絵柄や強いスキルを持ったカードだけを狙って集めていくのもいいでしょう。

まとめ

ここまで、仮想通貨カードゲーム、コントラクトサーヴァント(Contract Servant)の概要や特徴、遊び方を見てきました。

外国製のゲームがほとんどをしめていた仮想通貨ゲームの世界では異端ともいえる日本製の作品であり、美しいカードの絵柄やプレイのしやすさなど、様々な魅力を持ったコントラクトサーヴァント(Contract Servant)。誰でも無料で始めることができるので、興味を持った方はぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか。