海外の仮想通貨取引所と聞くと、何やら利用が難しかったり危険であったりするようなものに感じる方も多いかもしれません。

実際、親切丁寧な日本語でのサポートを受けられる日本の取引所と比べると、そういった側面があることも否定はできないでしょう。

しかしながら、そういったリスクを承知の上でも利用するだけの価値があるような、日本の取引所にはない魅力を持っている海外の取引所も多いのです。

ここではそんな海外仮想通貨取引所の中でも、中国の取引所であるバイナンスについて取り上げ、その特徴や利用方法などを見ていきたいと思います。

バイナンス(BINANCE)の特徴

バイナンス(BINANCE)は、100種類以上という豊富な仮想通貨のラインナップ、非常に安い取引手数料、狭いスプレッドの幅などを売りにしている取引所です。

世界でも有数な仮想通貨の取引量の多さもその特徴であり、仮想通貨に関するニュースなどが出ると真っ先に反応する値動きの活発な取引所となっています。

近頃は日本の取引所の手数料も下がり、お得な取引をするためにバイナンスを利用する意義は薄れました。

けれども、その充実した品揃えによる魅力は健在です。

ほとんどの日本の取引所は、仮想通貨の銘柄を有名なビットコインやイーサリアムを中心にせいぜい5から10種類しか仮想通貨を取り扱っていません。一方バイナンスは100以上、そのため投資の選択肢は実に様々なのです。

また、すでにある仮想通貨の売買はもちろんのこと、新しく生まれた仮想通貨の新規上場の多さもバイナンスの大きな特徴です。

新しい仮想通貨は信頼性や価値の低さなどから取引所にあまり相手にされないことも多く、日本の取引所ではまず数年は経たないと購入できないでしょう。

そんな未熟な仮想通貨をバイナンスは積極的に受け入れており、リスクが高い一方、それこそ値段が数千数万倍になるようなハイリターンも期待できる投資を楽しむことが可能となっています。

仮想通貨のハードフォークなどの場面での新規上場も早く、フォークコインを受け取ることができる可能性の極めて高い取引所としてもバイナンスは注目されています。

そのため既に多くの仮想通貨を持っている人は、バイナンスに登録をしておくとそれがハードフォークした際にフォークコインを受け取ることができ、何もせずに新しく仮想通貨が手に入るという得をできるかもしれません。

バイナンス(BINANCE)の利用方法

バイナンス(BINANCE)は海外の仮想通貨取引所であるということもあり、残念ながら日本の取引所のように銀行からお金を入金することができません。

そのため、利用にはまず日本の取引所に登録を行い、そこへ現金を入金、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に交換してからバイナンスの口座に送るという作業が必要となります。

既に仮想通貨取引をしており取引所に口座を持っている人などであれば大した手間ではありませんが、これから仮想通貨取引を始めようと考えている人にとっては少々大変かもしれません。

出金作業も同じで、一度日本の取引所に仮想通貨で送ってからそれを日本円にし、改めて銀行に送金するという流れになります。

一方入出金以外については、特に日本の取引所と大きく異なるような部分はありません。そのため、同じような感覚で仮想通貨の売り注文や買い注文を出し、他の利用者との間で仮想通貨の売買を行うことが可能です。

バイナンス(BINANCE)のまとめ

ここまで、仮想通貨取引所バイナンス(BINANCE)の特徴や利用方法について書いてきました。

バイナンスは日本の取引所と比べ、その取扱い銘柄や新規上場コインの多さが最大の魅力と言える仮想通貨取引所となっています。

様々な仮想通貨に触れてみたい、未だ誰も持っていないような仮想通貨に投資をして一攫千金を狙いたい、そういった人に特にお勧めの、海外仮想通貨取引所です。

バイナンス
入金方法日本円での取引には未対応。他取引所から仮想通貨を送金して預金作成
日本語対応翻訳機能で対応
取引の種類現物取引
取り扱い通貨100種類以上
取引マイニング –
中国
仮想通貨取引所バイナンス(BINANCE)の公式ページはこちら

バイナンス(BINANCE)の関連記事

関連カテゴリ

[child_pages siblings=”true” cols=”1″ class=”my_child_pages” hide_more=”true” link_titles=”true” words=”45″]